見る・遊ぶ



癒す

ヤブツバキ

原種。分布は南西諸島から青森県夏泊半島まで分布している。これはツバキ属の自生地の北限である。西日本にはほぼ全域に分布しているが、東日本では温暖な地域に自生している。...


ハナノキ

日本の固有種で、長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県の四県にのみ自生する。最近では街路樹や公園などに植栽されていることも多い。 樹高は20mほど。雌雄異株。花期は、3~4月で、新芽が吹く前に赤い花を咲かせる。これが名前の由来となっている。落葉樹...


シデコブシ群生地

シデコブシとはモクレン科の植物の一種。別名ヒメコブシ。愛知県、岐阜県、三重県の一部に分布する落葉小高木。庭木、公園樹として見かけることがあるが、自生個体群は絶滅危惧II類に指定されている。花期は3~4月頃で、白(ときにピンクを帯びる)の直径...


枝垂桜

シダレザクラ(枝垂桜)とは、エドヒガンザクラの変種の桜である。また、品種が多い。 開花時期は4月である。枝垂桜の特徴は、枝が長くその名の通りにしだれている。...


レンギョウ

樹高は1~3メートルまで育ち、半つる性の枝は湾曲して伸び下に垂れ、地面に接触すると、そこからも根を出し新しい株が出来る。枝は竹のような節を持つ。また、枝の髄が早期に消失するため、節の部分を除いて中空になる。(このことから"空の木"、レンギョ...


ソメイヨシノ

花弁は5枚で、葉が出る前に花が開き、満開となる。開花期は九州地方で3月末ごろ。花色は、咲き始めは淡紅色だが、満開になると白色に近づく。原種の一方であるエドヒガンと同じく、満開時には花だけが密生して樹体全体を覆うが、エドヒガンよりも花が大きく...


ヤマザクラ

ヤマザクラはバラ科サクラ属の落葉高木。日本の野生の桜の代表的な種で、和歌にも数多く詠まれている。サクラの仲間では寿命が長く大木になる。ヤマザクラを原種として品種改良された種も多い。多くの場合葉芽と花が同時に展開する(開く)ので、これがソメイ...


ミツバツツジ

ミツバツツジはツツジ科ツツジ属の落葉低木。また、近縁のミツバツツジ類の総称でもある。 関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布し、主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育する。他のミツバツツジ類の多くは雄しべが10本なのに対し、本種は5...


ニリンソウ

東アジアに分布。主に湿潤な山地の林床や周辺部に生育し、深く裂けた根生葉を持つ。3月~6月に、白い萼片を持つ花をつける。多くは一本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっている。根茎で増えるため、群落を作ることが多い。...


モモ

3月下旬から4月上旬頃に薄桃色の花をつける。「桃の花」は春の季語。桃が咲き始める時期は七十二候において、中国では桃始華、日本は桃始笑と呼ばれ、それぞれ啓蟄(驚蟄)の初候、次候にあたる。 淡い紅色であるものが多いが、白色から濃紅色まで様々な色...


マツバキク

葉は多肉質で茎を這わせる多年草である。花は春から夏にかけ長期間開花を繰り返す。花は花弁が紫色で、やや光沢があり日中だけ開いて夜は閉じている。高温や乾燥に非常に強い。 茎は木質化し、地上を横に這い、先端が立ち上がる。茎は根本でよく分枝して、ま...


イワカガミ

常緑の葉は丸く、光沢がある。花期は春から夏。花は淡紅色で、花弁は5つに分かれ、その先端はさらに細かく裂けている。花茎は10~15cmで、5~10輪の花を横向きにつける。和名のイワカガミ(岩鏡)は、岩場に生えることと、光沢のある葉を鏡に見立て...


芝桜

北米原産。4-5月頃にサクラに似た形の淡桃、赤、薄紫、あるいは白色の花を咲かせる。葉形やその匍匐性などから芝桜と名付けられた。葉は1センチ程度と小さく披針形で硬い。よく枝分かれし地面を覆い尽くすように密生する。また寒暑や乾燥に強く常緑のため...


りんご

原産地はカザフスタン南部、キルギスタン、タジキスタン、中国の新疆ウイグル自治区など中央アジアの山岳地帯、カフカスから西アジアにかけての寒冷地だといわれている。現在、日本で栽培されているものは、明治時代以降に導入されたもの。病害抵抗性、食味、...


なし

高さ15メートルほどの落葉高木。葉は長さ12cmほどの卵形で、縁に芒状の鋸歯がある。花期は4月頃で、葉の展開とともに5枚の白い花弁からなる花を付ける。8月下旬から11月頃にかけて、黄褐色または黄緑色でリンゴに似た直径10~18センチメートル...


シャクナゲ

シャクナゲは派手で大きな花に特徴がある。花の色は白あるいは赤系統が多いが、黄色の場合もある。葉にロードトキシンなどのケイレン毒を含む有毒植物である。摂取すると吐き気や下痢、呼吸困難を引き起こすことがある。葉に利尿・強壮の効果があるとして茶の...


ベニドウダン

ツツジ科の落葉低木。葉は倒卵形で長さ2~3センチ、枝先に輪生状に集まる。 5~6月、紅紫色花を総状に垂れてつける。花冠は広鐘形で長さ6~7ミリ、縁(へり)は不ぞろいに多数裂ける。雄しべは10本。山地に生え、近畿地方以西の本州から九州に分布す...


日本においてフジといわれるものはノダフジである。本州・四国・九州の温帯から暖帯に分布する。 山野に普通。木に巻きついて登り、樹冠に広がる。かなり太くなるツル性の木本である。花序は長くしだれて20センチメートルから80センチメートルに達する。...


つつじ

ツツジ属の植物はおおむね常緑若しくは落葉性の低木から高木で、葉は常緑または落葉性で互生、果実は蒴花である。 4月から5月の春先にかけて漏斗型の特徴的な形の花(先端が五裂している)を数個、枝先につける。また花を上手に採ると花片の下から蜜を吸う...


ヒトツバタゴ

中国、台湾、朝鮮半島および日本では対馬、岐阜県木曽川周辺、愛知県に隔離分布する珍しい分布形態をとる(但しこれらの地域以外でも植栽の種が風や野鳥に運ばれ自生している自生種の樹木を観察することが出来る場合がある)。成木で樹高は20mを超える大型...


サラサドウダン

ツツジ科の落葉低木ないし小高木で高さ4~6メートル。フウリンツツジともいう。葉は枝先に輪生状に集まり、倒卵形ないし楕円形、長さ3~7センチメートル、両端がとがり、縁に細鋸歯がある。 5~6月、枝先に長さ2~3.5センチメートルの総状花序に広...


ヤマボウシ

高さ5~10メートル。幹は灰褐色。葉は対生し、楕円(だえん)形または卵円形で長さ4~12センチ、全縁でやや波打つ。花は6~7月に開き、淡黄色で小さく、多数が球状に集合し、その外側に大形白色の総包片が4枚あり、花弁のように見える。 果実は集合...


ささゆり

本州中部地方以西~四国・九州に分布する。 茎は立ち上がり、間隔をおいて葉をつける。葉はやや厚く、楕円形で比較的大きい。6~7月頃に花を咲かせる。花の長さは10~15cm位、雄しべは6本で赤褐色、芳香があり、色は淡いピンク、希に純白のアルビノ...


アジサイ

いわゆる最も一般的に植えられている球状のアジサイはセイヨウアジサイであり、日本原産のガクアジサイを改良した品種である。 樹高は1〜2メートル。葉は光沢のある淡緑色で葉脈のはっきりした卵形で、周囲は鋸歯状。6〜7月に紫(赤紫から青紫)の花を咲...


マリーゴールド

茎は高さ30~60cm、葉はコスモスに似て羽状複葉が互生または対生する。5-10月にかけて直径4cmぐらいの黄・橙・暗赤色などの美しい頭花を1個つける。独特の強い香りがある。観賞目的の栽培が普通であるが、根に線虫の防除効果があるので作物の間...


バイカモ

キンポウゲ科の多年草。山野の澄んだ流れの中に生育する。茎は長さ1~2メートル、柔らかく、流れになびく。葉はすべて水中に沈み、3、4回三出複葉、裂片はさらに細く裂け、糸状となる。6~8月、径約1.5センチでウメの花に似た白色花を1個ずつ腋生(...


ネジバナ

湿っていて日当たりの良い、背の低い草地に良く生育する。花色は通常桃色で、小さな花を多数細長い花茎に密着させるようにつけるが、その花が花茎の周りに螺旋状に並んで咲くことからこの名がある。 「ネジレバナ」、「ネジリバナ」、「ねじり草(そう)」と...


フヨウ

原産地は中国で、台湾、沖縄、日本の九州・四国に自生する。日本では関東地方以南で観賞用に栽培され、7~10月始めにかけてピンクや白で直径10~15cm程度の花をつける。幹は高さ1.5~3m。朝咲いて夕方にはしぼむ1日花で、長期間にわたって毎日...


サギソウ

7月~9月に白い花が咲く。唇弁が幅広く、その周辺が細かい糸状に裂ける様子がシラサギが翼を広げた様に似ていることからこの名前で呼ばれる。この花には3~4cmにもなる長い距があり、この末端に蜜が溜まる。花は、特に夜になると芳香を発する。 葉は根...


さるすべり

8月頃咲く紅の濃淡または白色の花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくならないため、しばしば好んで庭や公園などに植えられる。 葉は通常2対互生、対生になることもある。花は円錐花序になり、がくは筒状で6裂、花弁は6枚で縮れている。果実は円い...


そば

草丈は60-130cmで、茎の先端に総状花序を出し、6mmほどの花を多数つける。花の色は白、淡紅、赤、茎の色は緑、淡紅、濃紅であり、果実の果皮色は黒、茶褐色、銀色である。 日長反応の違いから、感光性が弱い夏型、強い秋型、両者の中間タイプの中...


ヒガンバナ

全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。その姿は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30 - 50cmの枝も葉も節もない花茎が地上に突出し...


紅葉(ナナカマド・ガマズミ)

北海道、本州、四国、九州の山地~亜高山帯に分布する。 高さ7~10m程度になり、夏には白い花を咲かせる。葉は枝先に集まって着き、奇数羽状複葉。秋にはあざやかに紅葉し、赤い実を成らせる。実は鳥類の食用となる。果実酒にも利用できる。 備長炭の材...


紅葉(ヤマツツジ)

ツツジ属の植物はおおむね常緑若しくは落葉性の低木から高木で、葉は常緑または落葉性で互生、果実は蒴花である。4月から5月の春先にかけて漏斗型の特徴的な形の花(先端が五裂している)を数個、枝先につける。また花を上手に採ると花片の下から蜜を吸うこ...


ハナノキ

日本の固有種で、長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県の四県にのみ自生する。最近では街路樹や公園などに植栽されていることも多い。 樹高は20mほど。雌雄異株。花期は、3~4月で、新芽が吹く前に赤い花を咲かせる。これが名前の由来となっている。落葉樹で...


紅葉

紅葉(こうよう、もみじ)は、落葉の前に葉の色が変わる現象。一般に落葉樹のものが有名であり、秋に一斉に紅葉する様は観光の対象ともされる。カエデ科の数種を特にモミジと呼ぶことが多いが、実際に紅葉が鮮やかな木の代表種である。狭義には、赤色に変わる...


ハナノキ・ソメイヨシノ

日本の固有種で、長野県・岐阜県・愛知県・滋賀県の四県にのみ自生する。最近では街路樹や公園などに植栽されていることも多い。 樹高は20mほど。雌雄異株。花期は、3~4月で、新芽が吹く前に赤い花を咲かせる。これが名前の由来となっている。落葉樹で...


紅葉(カエデ)

カエデ(槭、槭樹、楓)とはカエデ科カエデ属の木の総称。 モミジ(紅葉、椛)とも呼ばれるが、その場合は様々な樹木の紅葉を総称している場合もある。主に童謡などで愛でられるものはそれである。赤・黄・緑など様々な色合いを持つ為、童謡では色を錦と表現...


枯れすすき

日本には全国に分布し、高さは1 - 2mで日当たりの良い山野に生息している。地下には短いがしっかりした地下茎がある。そこから多数の花茎を立てる。葉は細長く、根出葉と稈からの葉が多数つく。葉は細長く、堅く、縁は鋭い鉤状になっているため、肌・皮...


紅葉

紅葉(こうよう、もみじ)は、落葉の前に葉の色が変わる現象。一般に落葉樹のものが有名であり、秋に一斉に紅葉する様は観光の対象ともされる。カエデ科の数種を特にモミジと呼ぶことが多いが、実際に紅葉が鮮やかな木の代表種である。狭義には、赤色に変わる...


シダレ柿

シダレ柿(渋柿)は、柿の仲間では珍しい枝が枝垂れる品種。...


大銀杏

中国原産の落葉高木。高さは20~30m。葉は扇形で葉脈が付け根から先端まで伸びている。また、葉の中央部が浅く割れている。針葉樹とされる場合もあるが、厳密には広葉樹にも針葉樹にも属さない。原始的な平行脈を持ち、二又分枝する。 雌雄異株であるた...


紅葉(カエデ)

カエデ(槭、槭樹、楓)とはカエデ科カエデ属の木の総称。 モミジ(紅葉、椛)とも呼ばれるが、その場合は様々な樹木の紅葉を総称している場合もある。主に童謡などで愛でられるものはそれである。赤・黄・緑など様々な色合いを持つ為、童謡では色を錦と表現...


ネコヤナギ

北海道〜九州までの河川の水辺で見られ、早春に川辺で穂の出る姿は美しいものである。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物とみなされる。他のヤナギ類よりも水際に生育し、株元は水に浸かるところに育つ。根本からも...


特産館オンラインショップバナー
手ぶら観光バナー
特産館バナー
ふるさとじまん祭バナー
いが栗の里バナー
栗きんとんめぐり
おいしいお昼ごはんバナー
大人の夜ごはんバナー
BEAUTIFUL NAKATSUGAWA バナー
Page Top